<< 役者に必要な能力(2)〜主観と客観の微妙な関係〜 | main | ラジオに関する勉強 >>

浅賀誠大退団について

公式サイトや各種コンテンツにてご報告させていただきましたが、12月1日を持ちまして、浅賀が理想現実から離れることになりました。ポッドキャストでも、浅賀ラスト出演ということで、詳しい事情をさらに報告する予定です。

理想現実は、自分自身が納得して、胸を張って舞台に立ちたい、というところから始まりました。これはエゴでもありますが、自分が納得して舞台に立つこと、そういったプロセスを踏むことは、自分自身が作品に責任を持つことです。

私は、それこそが観客に対して最も誠実でいることだと思っていますし、表現者小松の根幹でもあります。
納得するためには、後悔の残らない選択をし続けなくてはいけません。
今回、ディスカッションを通して、これ以上、続投させても、それは単に体裁を保つためだけで、継続することが目的になってしまっていると素直に思いました。

プロデューサーの選択が、自己保身だったり、気分で変わるものだったり、偏っていては、『納得』も単なる我侭になってしまいます。
苦渋の決断ですが、間違った選択ではなかったと思っています。

立ち上げメンバーである浅賀を辞めさせることは、応援や協力をしてくださっている方をがっかりさせたと思います。その点については、本当に申し訳ありません。

ただ、今回のことを前向きに捉えているのも、本当です。
失敗を露呈させるのは苦しいことでもありますが、ここでしっかりと体制を整えて、3回目公演に臨みたいと思います。