<< 連載9 シナリオ解析の大まかな流れ。 | main | 連載11 テーマを探す時のヒント。(主人公から何を学べるのか?) >>

連載10 メインテーマを決める意義。(コンセンサス作り、表現者としての責任)



【座付き作家からの質問】

 
 当ブログで連載されていた小松式演技論を読むと、小松Pがいかに物語のテーマやメッセージ性に強いこだわりを持っているかがわかります。
 
 以前の連載と重複してしまうかもしれませんが、なぜ、物語のテーマはそれほど重要なのでしょうか? 

 また、実際の演技作りにおいて、テーマはどのような役割を果たすのでしょうか?



***   ***   ***   ***   ***   ***   ***


【小松愛の回答】

 テーマなんて考えるだけ無駄という主張もあります。確かに、観客の感受性に強制的なバイアスを掛ける気はありませんし、観客は感じるままに作品を受け止めれば良いと思っています。
 観客が主体的に感じとったメッセージが、作り手の考えたテーマとリンクすれば嬉しく思いますが。

 
 ただ、表現をする側は、自分がどういうメッセージを発しているのかをしっかり自覚するべきだと思います。私は表現芸術を特殊なものに崇め奉るつもりはありませんし、あくまで「社会の中の演劇」「社会の中の映画」であるべきだと考えています。そこには当然、社会的な責任が付随してきます。何を発信しているのか無自覚な俳優は社会的責任を放棄していると思うのです。


 極論と言われるかもしれませんが、私自身は戦争を賛美するような作品には出演したくありませんし、自分自身が作品に対して責任を持つためにも、テーマは本当に大事だと思っています。

 
 実際の演技作りにおいてですが、脚本の解釈は人それぞれなので、もしテーマの解釈が演出家とズレていたら、その後の細かな演技プランにおいてもズレが生じてしまう可能性があります。

 
 例えば、童話「シンデレラ」のメインテーマを「諦めなければ、夢を手に入れることはできる」と解釈するのと、「神様が願いを叶えてくれるから、焦らなくてもいいんだよ」と解釈するのでは、主人公が能動的な人なのか、受動的な人なのか変わってきます。

 
 「貧乏でも心の豊かさが大事」とすれば道徳的な印象を与えるような演技プランを出しますし、「世の中を渡っていくには、お金が大事」と解釈するなら、ガラスの靴をわざと、シンデレラが置いていくなど、シニカルな演技プランを採用することになるかもしれません。

 
 メインテーマの解釈が違えば、キャラクター性や演技プランに違いが出てきて、思わぬトラブルに発展したり、ズレを修正するのに時間がかかってしまうもあるので、テーマという大きな括りで、まずは演出家とコンセンサスを作る必要があると思います。


***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 


【座付き作家からのコメント】

 テーマ論を観客視点と表現者視点に区別し、それぞれの違いを指し示した部分に大変興味をひかれました。

 確かに、お客様がその作品のテーマをどう受け止めるかは全くの白紙であり、完全なる自由。そのことを前提とした上で、なおかつ表現者として「作品のテーマに責任を持ちたい」という小松Pの姿勢は素晴らしいと思います。私も見習いたいです。
 
 あと、『シンデレラ』の例え話も、わかりやすくて面白かったです。