<< 小松式演技論の総括(2) | main | 『新・小松研』終了と次回公演のお知らせ >>

ラジオデビューの道、果たしてどうなるか

コミュニティFMへ売込みをする最終段階。

以前に録音した売込素材の前につける挨拶をICレコーダーで録音し、
1枚のCD−Rに集約しました。

素材


猪本に相談しつつ、自己紹介やアピールポイント、連絡先などを記載した挨拶文も作りました。これを同封して、あとは担当者様へ出すだけです。

以前、公演ブログの方に書いたかもしれませんが、売込用の資料などは、基本、A4用紙1枚に内容をまとめないといけないそうですね。

大量の資料をつけても読んでもらうのは難しく、パッとみて分かることが大事。最初の書き出しで興味を引くことができて、初めてその後を読んでもらえる、なんてところも多いようです。

ターゲットのコミュニティーFMが、普段どの程度、忙しいのか分かりませんが、そう考えると、CDを聴いてもらえるかも、若干心配ですね。

念のため、明日コミュニティーFMに電話してみて、外部からの売込を受け付けている専用の窓口があるか確認してみます。
素材作る前に確認しとけって話ですけど・・・。

うまーくいけば、直接持ち込みなんてこともあるかもしれませんし。
窓口がなければ、番組担当者宛に郵送する予定です。


そして、小松式演技論が終了し、公演の稽古が始まってしまったので、ここでラジオデビューへの道も最終回。
『新・小松研』の更新をストップさせてもらうことにします。
結果がどうなったか報告を連載中にお伝えできず、ちょっと中途半端になってしまいましたが、進展があり次第、『高き霧の壁ブログ』に報告させてもらいます。

いよいよ第3回公演『高き霧の壁』の稽古も始まったので、公演ブログの方にも、遊びに来てもらえると嬉しいです。
それでは、よろしくお願いします。