<< 宣伝素材、滞り | main | ラジオデビューの道、果たしてどうなるか >>

小松式演技論の総括(2)

いよいよ、今回をもって「小松式演技論」は終幕です。
もしかしたら、パート2もあるかもしれませんが、ひとまずここで筆を置くことにします。


50回に渡って書き進めてきた私自身の考え方、視座、哲学、表現者としてのビジョンは、この先何十年経っても折れることはなないでしょう。

私自身、小松式演技論を最後まで書き続けられたことを大変嬉しく思っていますし、自信にも繋がり、幸せな時間でした。
ただし、現状維持は後退であり、思考硬直が堕落への第一歩だと思えば、私自身がこれからの表現者人生を通して、この小松式演技論をより、クオリティーアップ・ブラッシュアップしていくことも大切です。
勉強に終わりはありません。努力あるのみです。

今回、小松式演技論をまとめるにあたり、理想現実の座付き作家である猪本裕には大変お世話になりました。私一人では、とてもじゃないが50回にも及ぶ連載を続けられなかったでしょう。

この連載記事は、まず猪本が私をインタビューしてくれるところから始まりました。
主張したいことはたくさんあっても、それらを整理することのできない私に、猪本は「とにかく言いたいことを、思いつくままに喋ってください。整理するのは、後からでいいです。」とアドバイスをしてくれました。
私はその申し出を真に受け、順序も構成も考えず、言いたいことをひたすら喋り続けました。そのインタビューテープは優に10時間を超えたと思います。

猪本はテープの内容を余すところなく全て文章に書き起こし、それを連載50回分の構成に振り分けてくれました。正直に言えば、猪本が怒涛の勢いで進めてくれたその作業がなければ、私は(能力的に)この連載企画を引き受けられなかったと思います。

小松式演技論の内容は100%私自身の主張ですが、文章化にいたる実務作業そのものは、猪本との共同作業でした。猪本には大変感謝していると同時に、その仕事の早さ及び精度には改めて感動しました。


そして・・・・・・いよいよ、私のプロデュースする理想現実の第3回公演が近づいてきました。小松式演技論で語ってきたことを実践するために、私は今、妥協なき心構えで日夜稽古に励んでいます。

理想現実を応援してくださっている皆様に「私たちは向上しています」と胸を張れる作品を具現化するため、ひたすら考え続け、行動し続けています。
このブログを読み、私たちの活動に興味を抱いてくださった方々が居あるのであれば、ぜひ6月公演に足をお運びください。
公演の詳細は公式サイトにて。

最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。