<< 構成台本での練習 | main | 著作権へのリスペクト(3)〜尊敬が故の無断使用?〜 >>

著作権へのリスペクト(2)〜難解すぎる著作権〜

音楽著作権の無断使用について警鐘を鳴らすと、「JASRACの側にも問題があるのでは?」との反論を受けることがあります。
確かにJASRACにも問題はあるでしょう。
煩雑な著作権利用システムや公正取引委員会でも問題になった包括契約など、解決すべき課題は山積みしていると思います。


しかし、JASRACに問題があることと、他者の著作権を侵害することとは次元の違う話です。JASRACに問題があろうがなかろうが、著作権侵害そのものは悪いことであり、犯罪的行為です。

個人的な想いを書かせてもうらなら、著作権の使用申請をせずに既存の曲を無断で使っている団体は、それだけで公演をやる資格がないと思います。


どんな劇団も、社会というシステムを前提とせずに活動することはできません。
つまり、どの劇団も“社会システム”から何かしらの恩恵を受けています。

自分たちは社会からの果実をむさぼっておいて、それでいて社会のルールを守らないというのは、表現者というより、人間としてあまりにも不誠実、無責任です。



ただ、そうは言っても、私自身、著作権については「よくわからない」というのが本音です。
著作権問題に興味を抱いてから、自分なりに知的所有権に関する勉強は続けていますが、とてもじゃないが「詳しい」というレベルにまだまだ達しそうにありません。
幸いにして、猪本(理想現実・座付き作家)が大学で知的所有権を勉強していた人間なので、色々と分かりやすく教えてもらってはいますが、それでも、まだまだ著作権に関しては幼稚園レベルというか、ヨチヨチ歩きです。

そんな私はJASRACにお願いしたいことといえば

「『権利料を支払って、正式な形で様々な楽曲を使いたい』という人たちへのオペレーションを、もう少し分かりやすくしてもらいたい」

という点につきます。

申請方法が複雑すぎること……、いわば『上から目線』的な印象を受ける点もJASRACへの悪評に繋がっているように思うのです。
分かりやすい申請システムを提供しつつ、かつ、クリエイターの権利をしっかり守っていく前向きな努力をJASRACには期待したい。



結局のところ、著作権への意識を高めていくためには、難しい法律論争を繰り広げるよりも、分かりやすいシステムの整備が有効だと思います。
著作権を使ったり守ったりするのは、専門家だけではありません。
市井の人々であります。
「法律に関する専門知識がないと、著作権のことは何も分からない」という状態では、法律を守るべき側の意識も高まりません。
一般の人たちに守ってもらいたいルールなら、一般の人たちが理解できる形にしていくべきだと思います。
すべてがクリアに見通せて、安心して著作権を利用できる環境が実現することを切に願うし、私に出来ることがあるなら、微力ながらも協力していきたいと思います。